社会保険労務士法人山本労務

2014年2月21日 金曜日

教科書に書けない「残業手当の解決方法」~多摩信用金庫BOBセミナー~


先日の2月13日に多摩信用金庫主催たましんBOBセミナー「教科書に書けない「残業手当の解決方法」」と題して講演をしてきました。

3時間の講演でしたが、皆様最後まで聴いて下さいました。

多くの方にお集まりを頂き大変にやり甲斐がありました。

残業手当の解決のためには「労使関係の観点」「賃金制度の観点」「労働時間管理制度の観点」の3つが必要であるとお話しを致しました。

本を書いて感じたことは、本当に書きたいこと、伝えたいことは本には書けないということです。
誰が読んでいるか分かりませんし、正しいニュアンスで伝わるか分かりません。

直接お話しをさせて頂くことで、文書に出来ないこともお伝えすることが出来ます。

3時間しっかりと話してきました。

アンケート結果も良かったようで一安心です。

地域の中小企業の皆様のお役に立てて何よりです!!

 

投稿者 社会保険労務士法人山本労務 | 記事URL

2014年2月 2日 日曜日

租税教育 八王子市立椚田小学校


1月31日金曜日に八王子市立椚田小学校へ「租税教育」の講師として行ってきました。
6年生を対象とした「税金」についての勉強です。
 
小学生にも身近な「消費税」を例に税金の仕組みを話します。
 
納めた税金はどうなるのか。
財務省が予算書案を作成し、内閣で決定し、国会でその使い道を議論する税金。

 
税金でつくられる公共施設とはどの様なものか。

身近な公共施設である学校を例に、多くの人から税金を徴収して1億円かかるといわれるプールをつくることにより、一人一人の負担を少なくさせる事が出来るという話をします。

 
 税金の種類も話をしました。

国税庁が作成したビデオを観てもらい、税金がある世界と、税金が無い世界の違いを知ってもらいます。

小学生一人あたりの年間教育費は85万円。
税金が無ければ月7万円の月謝が必要です。

税金で学校に通っているんだから、一生懸命勉強してくださいと締めくくりました。

租税教育は重要だと思います。
新聞報道だけでは、社会の仕組みは正しく伝わりません。

余計な情報をそぎ取り、基本的な学習をしっかりとすることにより、偏った情報に流されない大人になれるんだお思います。
次回は2月4日に教壇に立ちます。
一人でも多くの児童に正しい情報を提供できるように頑張りたいと思います。

投稿者 社会保険労務士法人山本労務 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒192-0063
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号

■営業時間
平日 / 9:00~18:00

■電話受付時間
平日 / 9:00~18:00

■定休日
無し

お問い合わせ